小石川日乗Hatena版

おっさんがよしなしごとを書き散らします

銃規制を求めるアメリカの高校生たち

この2月、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件をきっかけに、全米の高校生たちが主体となった、銃規制強化を求める運動が広がりを見せている。 3月24日に、ワシントンで開かれた「私たちの命のための行進」で演説に立った高校生、エマ・ゴンザレスの、4分半…

「ヨーグルトは身体に良い」はウソかマコトか

diamond.jp 記事のなかで、東大病院の循環器専門医・稲島司氏はこう指摘する。 稲島 そもそもヨーグルトが効果的なら、ヨーグルトの売上が増えるとともにアレルギー疾患が減っていくはずじゃないですか?この2枚の表を見てください。実際には、ヨーグルトの…

久しぶりのワタミ

財務省、文科省、そしてワタミまで……暖かくなってきたんで、バカどもが涌いて出てくるな。政治ネタが尽きないやんけ。 実は、国会の議論を聞いておりますと、何か働くことが悪いことであるような、そんな議論に聞こえてきます。お話を聞いていますと、できれ…

茶番は今日まで

(東京新聞 2018/03/16朝刊より) 野党不在の国会審議、安倍マンセーの自民党議員や閣僚・官僚らが、全ての責任を佐川前国税長官に押しつけ、問題の矮小化を図ろうとしている。 つい1カ月前まで、「国税局の審議官等々やって“極めて有能な役人” だったという…

「首相や麻生氏が知らないうちに、官僚が改ざんした」? そんなわけないやろ。

野党5党が欠席した14日の参院予算委員会で、自民党の西田昌司氏は財務省を手厳しく批判した。西田氏は首相と親しいことで知られる。この日の自民、公明両党は追及の姿勢を演出する一方で、「首相や麻生氏が知らないうちに、官僚が改ざんした」という政府…

北九州酔っ払い紀行(2)

昨年の7月、出張ついでに北九州をちょい旅してきた話。7カ月以上も前のことなんだけれど、ちょっと記録に遺しておきたくなって、書きおく。この頃送ったNさんへのメールを一部修整して。 熊本・博多出張の帰りに、北九州市に1泊して酷暑の九州旅を堪能してき…

インフルエンサー様

昨日、ゆりかもめの「市場前駅」というのに初めて降りた。豊洲市場の駅。産業廃棄物の上を均して、生まれ変わろうとする市場の構造物。他にはいくつかのイベントスペースのようなものがあるだけで、市場がオープンする前の今は、人通りも少なく無機質な印象…

映画『否定と肯定』

新年最初の映画劇場鑑賞。日本にもウジャウジャ出現している、歴史修正主義の不誠実なデマゴーグたち(例えば百田尚樹など)に見せつけてやりたい秀作。 アウシュビッツ否定論は、欧米だけの話ではなく、実は日本でもかつて華々しく登場したことを忘れるわけ…

Sam Shepard

アメリカの劇作家・俳優、サム・シェパード。今年の7月に亡くなっていたんだ。シブサではハリウッド一といっていいイイ男。彼が脚本を書いた『パリ、テキサス』は大好きな映画。俳優として初めて認識したのは『ライトスタッフ』。アメリカの宇宙開発草創期の…

The Guardian

先日の「FOOT!」でベン・メイブリーが母校のオクスフォード大学を訪れる様子が放映されていた。サッカー・ジャーナリズム取材ということで、The Guardianの編集者にもインタビュー。 そこで知ったのだが、Guardian のWebメディアはほとんど広告に頼らず、も…

小名浜「竹町通り」のこと

いわき「日々の新聞」の安竜昌弘さんが企画した「イサジ式」のいわきライブ。それに併設する形で、かつて小名浜にあった「珈琲屋」というジャズ喫茶のオーナーを招いて、一日だけのコーヒーの味を再現するイベントをやったという。 この「珈琲屋」については…

つくばねのおつまみカレー

お出汁の効いた「つくばね」の和風おつまみカレー。もちろん、ご飯にかけても美味しい。いつ登場するか分からない、シェフの気まぐれメニュー。 最近の登場日は、2017/12/10(日)。

MarsEditからの投稿

mac

MarsEditの新バージョン4.0からはうまく投稿やリフレッシュはできないのだが、v.3.7からはうまく行く。なんでだろう。

エッグベーカー

テレビ(「猫のしっぽカエルの手」)を見ていたら、松江の「湯町窯」というところの焼き物に、エッグベーカーというのがあるらしい。いや、一種の小型のキャセロールであるエッグベーカーは昔からどこでもあるものだが、この町の手焼きのものが品質がいいら…

天皇制とLGBT

自民党の竹下亘総務会長は23日、国賓を迎えて天皇、皇后両陛下が開催する宮中晩さん会に関し「(国賓の)パートナーが同性だった場合、どう対応するのか。私は(出席に)反対だ。日本国の伝統には合わないと思う」と述べた。 引用:竹下・自民総務会長:同…

チキンレース?

私はよくサラダチキンをつくる。ヨーグルトとたまねぎすりおろしを揉み込んで、ラップとアルミホイルに包んで蒸し焼きするだけ。コンビニやスーパーに製品が並んでいるのは知っているが、自家製の方がよほど美味しいし、その都度スパイスを変えて味の変化を…

モスキート・コースト

19世紀前半、中米の新興国ポヤイス国への投資を煽った希代の詐欺師グレガー・マクレガーの話が、『世界をまどわせた地図』(日経ナショナル・ジオグラフィックス)という本に登場する。 マクレガーはスコットランドの名家の出身で、戦争の英雄でもあった。現…

若者の意識は保守化しているのか

「自民勝たせた若者の意識 「青春=反権力」幻想に」と題する毎日の記事。紹介されている大阪大の特任教授の調査データからは、2001年から12年間という短期間にも、高校生の意識が大きく変化していることがわかる。「これが40年前だったら……」などとカンブリ…

心が寒くなるニュース

最近はニュースを聞いても、うんざりというか、心が寒くなって、もう何も触れたくなくなるようなことが多くてねえ。アベとトランプの蜜月報道とかが典型だけれど。 教育関連ニュースから3つ。 学校側は生徒の代理人弁護士に「たとえ金髪の外国人留学生でも規…

先週、出張で山口県萩市に。萩は30年ほど前、一度、やはり出張で行ったことがある。そこで萩焼の湯飲みを買った記憶はあるのだが、街並みなどよく覚えていない。 古い城下町のたたずまいを保存する美観地区。人々の生活の匂いはしないが、そぞろ歩きは面白か…

日本映画いくつかと期待の監督たち

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (2007/吉田大八監督/佐藤江梨子/佐津川愛美/永瀬正敏/永作博美) 吉田監督は『桐島、部活やめるってよ』でブレイク。宮沢りえの『紙の月』、菅野美穂の秀作『パーマネント野ばら』、堺雅人の『クヒオ大佐』もこの…

小石川「Regal」の騒々しい夜

レガール 9時過ぎに入るが、10時過ぎから混む。 綾子さんはお休み。以前からの女性と新人の女性。 スズキのカルパッチョ。 オレンジとバルサミコベースのソースが爽やか。 カウンターの後ろにカップル。一人喋り続ける女。 昔の女たちのことをおぼろげに思い…

畠山さんの牡蠣

北九州酔っ払い紀行を書くつもりだったが、モヤモヤしているうちにほとんど忘れてしまった。思い出したらまたの機会に。 昨日はつくばねで唐桑の牡蠣をいただく。珍しく産地のラベルを表示している。見れば生産者に「畠山重篤」氏の名前が。「森は海の恋人」…

北九州酔っ払い紀行(1)

先週末に九州で仕事があって、 東京→熊本→三角→熊本→博多(天神泊) 博多→小倉(泊) 小倉→門司港→小倉→博多→東京 というコースを、週末出張+自腹延泊という、ときどきやる手法で旅してきた。 ・熊本→三角のJR九州観光列車 ・天神の居酒屋・バー ・小倉の松…

きょうの朝ご飯「むき海老と茄子の生姜あんかけ」など

このところ暑かったこともあり、ちゃんとした料理を作っていなかった。日曜から泊まりがけの北陸出張なので、料理できるのは土曜日だけ。 というわけで、未明に起き出し、24時間スーパーに買い物に行って、しこしこ朝ご飯づくり。枝豆入りだし巻き卵はうまく…

WoWoW放映8月の関心作(WoWoW初出映画から)

例によって映画の解説文はWoWoWサイトからの全面的なパクリです。すいません。 みんなのアムステルダム国立美術館へ* 8/7(月)よる7:00 数々の至宝を所蔵し、オランダが世界に誇るアムステルダム国立美術館。10年にも及ぶ珍騒動を経てようやく再オープン…

日本列島は「奇跡の島」なんだそうだ

TV

www6.nhk.or.jp 「日本列島は奇跡の島」とか「世界でも類を見ない変化に富んだ地形」とか……昨日のNHKスペシャルをちら見していて、こっち方面にも「日本スゴイ!!!」の自慰的プロパカンダが浸透してきたのかとゲンナリしていたら、やっぱり、このジャンル…

2017年夏、東京

小石川再開発地区 市ケ谷釣り堀 上野・国際子ども図書館

「アベ・スガ」の文体模写が笑える

2017/07/12東京新聞、斎藤美奈子氏のコラム。相変わらずキレがいい。

地の果ての奇祭

『ハイン 地の果ての祭典』(アン・チャップマン著)。 新評論から送られてくる新刊案内で、奇妙な衣裳の人物が立つ表紙の本に目を惹かれた。「南米フエゴ諸島先住民セルクナムの生と死」と副題にある。「この秘密は、我々の最後の者が墓まで持っていかねば…

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定